6年間使うもの|憧れの新しいランドセル!男の子に似合うものを選ぼう

6年間持ち続けるランドセルだからこそ知っておきたいこと

歴史が長いランドセルについて

実は、ランドセルの歴史というのはおよそ100年といわれています。その間にもランドセルはどんどん進化しており、今では子どもの体と成長を考えて選べるようになっています。それに、小学校6年間という長い年月で使うことになる鞄になるので、子どものことを考えて選びたいものでしょう。ここでは、ランドセルを選ぶ時に見ておきたいポイントと素材ごとのメリットやデメリットについて紹介します。

6年間使うもの

タブレットとランドセル

ランドセルの重さについて

入学する頃の体は、男の子も女の子もまだまだ小さいです。そんな体で、ランドセルに教科書を入れて家から通うことになります。ですから、できるだけランドセルは軽いものを選ぶようにしましょう。そうすることで、子どもの体に負担がかかりにくくなります。また、成長することを考えても軽いもののほうがいいでしょう。

傷や汚れに強く、へたれにくいものを

6年間も同じランドセルを持ち続けるとなれば、傷や汚れがやっぱりついてしまいます。それに、へたれにくくなってしまうので型崩れが起こってしまうでしょう。しかし、最近のランドセルは傷や汚れに強いもの、へたれにくいものが多く存在しています。ですから、選ぶ時にこういったところを重視して選んでみてください。

昔からあるランドセルの素材「人工皮革」

昔からあるランドセルの多くは、人工皮革です。これは、価格がとてもリーズナブルなことから選ぶ人が多いのです。また、水漏れや傷に強いというのもあり人気なのでしょう。軽さに関しても、ランドセルの素材の中ではトップクラスに軽いといわれています。リーズナブルな価格で購入したいのならおすすめです。デメリットは、特にありません。

最近に人気となっている「牛革」

牛革は、人工皮革に比べるとやや割高になります。しかし、革のダイヤモンドといわれているほど高級感が溢れている見た目となっています。デザインも豊富に増えていることから、選ぶ人が増えているのでしょう。しかし、水に弱いのでランドセルとして使うのならはっ水加工が必要になります。

広告募集中